水と身体

水と身体の関係について考えてみたいと思います。

知識としては少しはありますが、きちんと考えたことありませんでした。

今まで大きな病気をしたこともありませんが、

数年前に軽い熱中症になったことがあります。

自分では必要な分は水分を取っていたつもりです。

気温が高くなり湿度もかなり高かったのです。

すると、午後を少し過ぎた頃に急にめまいがしました。

しばらく暑かったのでだるかったけど、そこまでだという

自覚がありませんでした。

水分も取っていたし、体調管理も考えて睡眠や食事にも気を付けていました。

でも、体調を崩してしばらく寝込むことになったのです。

何とか仕事は行っていたものの、家に帰ると倒れこむようにしばらく横にならないと

何もできませんでした。そんな状況が1か月半ほど続きました。

その時に、自分が思っているよりも水分は必要だと再認識しました。

思っているよりももっと身体には水分が必要だということを知りました。

自分が思っている認識というのはあまりあてにはならないのかもしれません。

体調を崩してしまうと何もできないし、家族も困ります。

身体にとって水はかなりの比重を占めています。

そのため、水の質というのが重要だと思っています。

ミネラルウォーターは大好きだし、通販でもいろいろ試しています。

だから、水にこだわるのはとても良い事だと思っています。

水分を摂取するのは体温維持や血液の流れを良くするのに

とても大事だと言われています。

夏の暑さの異常さもあり、昨今では熱中症対策に水分の補給は

学校や職場でも何度も言われていると思います。

スポーツドリンクや麦茶が良いと言われていますが、

どちらも水分ですよね。質の良い水を摂取することが

身体をきちんと維持することにつながっていると思っています。

喉が渇く前にもちょこちょこ水を取ることが望ましいと言われています。

そういう時にウォーターサーバが近くにあると便利だとは思います。

水道水ではカルキも気になるし、ミネラルウォーターではいつも手元にあるとは限りません。

宅配で水を持ってきてくれるのはとても便利です。

いろいろ、考えると

ウォーターサーバーの設置も良いかもしれません。